JIGGER'S SON are Vo./Gt. 坂本サトル(覚/さとる)、Gt.渡辺洋一、Bs.坂本昌人、Dr.鈴木慎也

■1988年
 坂本さとるとして第12回フレッシュサウンズコンテストに応募した際、ライブ審査のためバックバンドを結成
 (当時のメンバーは、Gt.渡辺洋一、Dr.大光ワタル、Bs.坂本昌人)
 7月:コンテスト出場を重ねる中でバンドとして活動していくことを決意。坂本さとるの座右の銘「自画自賛」をもじって、JIGGER'S SONと命名する。
 10月:初の自主制作CDシングル「Bye-Bye-Bye」を発売。

■1989年
 2月:JIGGER'S SONとして初ライブを開催。
 8月:南部町の「南部まつり」で野外ワンマンライブを敢行。3,000人もの観客が集まり大騒ぎとなる。
 11月:自主制作CDアルバム「WHAT'S WRONG」を発売。この頃はまだ歌詞に英語が目立ち、サウンドもハードテイスト。

■1990年
 5月:CDシングル「KIDS」を発売。
 6月:Dr.大光ワタルが、並行して活動していた(SAKANA)のメジャーデビューに伴い脱退。
 9月:コロムビアレコード創立80周年記念アーティストオーディション全国大会で見事グランプリを獲得。
 10月:自主制作カセットアルバム「僕の宝物」を制作。

■1991年
 1月:Dr.に鈴木慎也が正式加入。
 12月:メジャーデビューに向けたレコーディングが決まり、満を持して上京。

■1992年
 4月:FM仙台で「坂本さとる ワンダイムの夢」が放送開始。以後、局や形を変えながらラジオレギュラーが現在まで続く。
 6月:日本コロムビアからシングル「お宝〜大切な君だから」アルバム「自画自賛。〜大切な君だから」でデビュー。
 7月:メジャーデビュー後初の全国ツアー「千里の道も4か所から」を敢行。

■1996年
 7月:Triadレーベルに移籍。同時に、Vo.坂本「さとる」が坂本「覚」に。

■1997年
 8月:日清パワーステーションで3週連続のスペシャルライブ「日清ラ王presents 東京夏祭り'97」を開催。

■1998年
 1月:坂本覚、単身ボリビアへ。
 10月:JIGGER'S SONとしての活動休止を宣言。坂本覚はソロ活動を開始し、坂本「サトル」へ。

■2001年
 9月:3年にわたる沈黙を破り、解散ライブ「決着」をON AIR EASTで開催。ドアがようやく閉まるほどの超満員で有終の美を飾る。
    ・
    ・
    ・
    ・
■2012年
 9月:あの解散ライブから11年。坂本サトルデビュー20周年を記念して、奇跡の復活ライブをO-EASTで開催!
   (そして、14年ぶりのニューシングル「バトン」も、会場先行発売!)
 11月:特典DVD付きで「バトン」が一般発売予定。

■2013年
 9月:JIGGER'S SON continue! 復活2回目のライブを開催予定


(敬称略)

Biography